自殺について【最近死にたいと思ったことについて】

精神

「死にたい」と思った過程

今はもう苦しい精神状態は脱したとは思うのですが、最近ふと「死にたい」と思いました。
そしてそう思うことによって、安心感を覚えるという体験をしました。

なぜ、死にたいと思うように至ったかと申しますと、以前の記事にも書いたかもしれませんが、発達障害の二次障害のうつの症状なのかどうなのかは分かりませんが、とにかく気力が出ない状態が最近続いていました。

しかし、生きるためにはとにかく動くことが必要であると思います。
けれどもどうしても動くことができません。

動けないにもかかわらず、無理に動こうとすると、精神状態がさらに悪くなってしまいます。
したがってどうすることもできません。

よく巷に出回っている自己啓発本や、自己啓発ブログ、自己啓発系のYouTubeなどでも、お金を稼ぐために必要なことは「沢山行動すること」であるという意見をよく目にします。

しかし、私のように障害の関係なのかどうなのかは分かりませんが、とにかく気力が出ずに、動きたくても動けない人がどうすれば行動できるようになるのかに関しては述べられていないような気がします。

そしてそれに対する普遍的な解決策はないのかもしれません。

なぜならば「今、気力が出ない」という状況に陥っている者の原因となる人生の背景は、各々異なっていると考えられるからです。

なので、人によって異なった解決策を試みる必要があるのではないかと思います。

ある人は障害をもっていない状態でうつになってしまった。
それによりカウンセリングに行くことにより心のもつれを解きほぐすことによってうつが治るのかもしれません。

しかし、私のようにうつの根本的な原因が不治の障害である場合は、解決策はないのかもしれません。それでも、もしかすると今後の人生の中で、思いがけず解決策に出会うかもしれません。
それは生きてみなければ分からないことであると思います。

しかしながら現在気力が出ないことは事実であり、そして現在はそれに対する解決の展望も見えてこないというのが現状であります。

そして、気力が出ない状態というのはなかなか辛いものです。

それはたとえるならば、大海の真ん中で沈みゆく泥船に乗っているような気分であると思います。
勿論そのような体験をしたことはありませんが。

今、私の乗っている船は泥船であり、このままでは沈んでしまうことは確定しています。何とかしなければならないとは思うけれども、いくら考えても解決策が思い浮かばない。

既に詰んでしまっている状態であるということができます。

既に詰んでしまっており、どうにかしたいと思っていても、どうすることもできず、いずれ訪れるであろう破滅を待つというのはなかなか辛いものであります。

そしてそのうち訪れるであろう破滅に至るまでの間にも、数々の苦しみを味わわなければならない。

そう考えると辛くなり、ふと「死にたいな」と思った次第でありました。

「死にたい」と思うことにより安心感を覚える

しかし、不思議なことに「死にたい」と思った瞬間安心感を覚えました。

そして、そう思うことによって逆に生きる力が湧いてきたとすら思えてきました。

その原因は、もう生きるために無駄な努力をしなくてもよいと思えることによるというのもあるだろうと思います。

しかし、その時思ったことは、私は「生きたい」と思うあまり、「死にたい」という気持ちを抑圧していたのではないかということでした。

「死にたい」という気持ちを抑圧し、必死で「生きたい」と思っていたからこそ、辛かったのではないだろうかとも思えてきたのでした。

しかし、「死にたい」と思うことは危険なことであると思います。

それは、ともすればそう考えている当人を自殺に追い込んでしまう可能性もあります。

「死にたい」という思想は、そういった危険性のある思想であるからこそ私は「死にたい」と思うことを我慢して、今まで必死に「生きたい」と思うようにしてきたように思います。

しかし、抑圧が精神衛生上よくないことであるのならば、「死にたい」と思う気持ちを抑圧することも精神的に不健康なことなのかもしれないと、そのとき思いました。

だからこそ「死にたい」と思うことを我慢しなくてもいい。抑圧することは精神衛生上よくないのだから、「死にたい」と思ったときには「死にたい」という気持ちを認めてあげればいいというのがここでの主張となりますが、こういった主張をするのはやはり慎重にならなければならないと思います。

なぜならばそう主張することによって、もし誰かが「そうか」と思い、心おきなく「死にたい」と思うことによって、本当に自殺してしまう可能性も考えられるからです。

また、それは私にも言えることです。

今は「死にたい」と思うことによって、気分が楽になりましたが、そう思うことによってさらに精神状態が悪くなり、そしてともすれば本当に行為に踏み切るのではないかと思えてきたのならば、私はそう考えることを即刻やめたいと考えています。

あくまでも抑圧されていた感情を認めることによって気分が楽になっただけのことであり、そしてその内容がたまたま「死にたい」という取り扱いに注意しなければならない感情であったということなのです。

なぜ、私は自殺しなかったのか

自己実現

ではなぜ、私は「死にたい」と思ったにもかかわらず自殺に動かなかったのでしょうか。

その理由は、これはあくまでも私の感覚に則って書くことなのですが、先程「死にたい」という感情は私にとって抑圧されたものであったと書きましたが、その抑圧された「死にたい」という感情よりもさらに深い層に「生きたい」という感情があったからなのかもしれません。

最近河合隼雄を読んでいるのですが、河合氏の本の中で、「『死にたい』と主張することによって『生きたい』という感情を表現する」というようなことを書いた箇所があったような気がするのですが、そういうことなのかもしれません。

「生きたい」と願えば願うほど生きることに疲れてくる。
そして「死にたい」と思うことによって生きる力が湧いてくる。

河合氏の本では、どういう状況で先程のことを書いてあったのかは忘れてしまいましたが、今の私にとっては「死にたい」と思うことこそが「生きたい」という感情を表現するための最適な表現なのだなと思わされました。

また、河合氏の本の中では、自己実現をする際には死と再生を繰り返すというようなことが書いてあったり、「死と再生は象徴的なものである」というようなことが書いてあったり、自殺未遂をした患者が「死ぬほどのところをくぐらなかったら、よくならなかったと思います」という発言をしたという体験談を載せていたのが印象的でした。

ここでいう自己実現とは次のような意味となります。

個人に内在する可能性を実現し、その自我を高次の全体性へと志向せしめる努力の過程を、ユングは個性化の過程(individuation process)、あるいは自己実現(self-realization)の過程と呼び、人生の究極の目的と考えた。

河合隼雄『ユング心理学入門』岩波現代文庫、2009年、250頁

自己実現というと、なんとなく「仕事で成功して、生き方を通して自分自身を表現する」という意味合いであると了解していたのですが、ユング心理学では上に挙げたような意味があるそうです。

実際、そのような使い方をしている人もいるのではないかと思います。

先日の記事で紹介した、中島義道氏の『働くことがイヤな人のための本』(新潮文庫、2004年)の中でも「自己実現」という言葉は登場しますが、そこでは 「仕事で成功して、生き方を通して自分自身を表現する」 という意味合いで使われているように感じられました。

ユング心理学入門 (岩波現代文庫) [ 河合隼雄 ]

価格:1,386円
(2020/3/25 20:44時点)
感想(6件)

「死」と「再生」

そして話を元に戻すと、河合氏の著書の中で、患者は精神的に「死」と「再生」を体験することによって良くなったという体験談が書かれてありました。

それにならって、私も精神的に一度死んでみたらもしかすると良くなるかもしれないと思い、「死にたい」と思ってみることにしました。

しかしこれは安直な考えであるとは思います。
とはいえ、あれこれ考え過ぎる余裕もなかったのでしょう。

しかし、心の深い層に「生きたい」という気持ちがあることを漠然と知っていたこと、そして「再生」への期待を漠然ともっていたからこそ、安心して「死にたい」と思えたのかもしれません。

私が「死にたい」と思うことによって、私の中で何が死に、そして何が再生されるのかははかり知れませんが。

もしかするとそれは精神が完全に回復した後でも分からないかもしれません。

しかし、「死にたい」と思うことによって精神的に安心したことは事実でありますので、精神的に回復し切ったた後は「生まれ変わった気持ちで」「生きていきたい」と考えております。

最後に

ここまで、私が「死にたい」と思うことによって安心感を覚えたという話をしましたが、だからといって、全ての人にそう思うことをおすすめすることはできません。

「抑圧する」ということは精神衛生上よくないことであるとは思いますが、その抑圧の対象が「死にたい」という感情である場合は、下手に取り扱っていると本当に死んでしまう可能性も考えられますので、もしもそう思うことがある場合は、精神科やカウンセリングにかかることをおすすめします。

そういう私はこの感情を一人で取り扱っており、そして上手く取り扱うことができたかどうかも分からないわけなのですが…。

もしも読者の中に「死にたい」と考えている方がおられましたら、上手く「再生」されることを願います。

ユング心理学入門 (岩波現代文庫) [ 河合隼雄 ]

価格:1,386円
(2020/3/25 20:44時点)
感想(6件)

タイトルとURLをコピーしました