無益なことについて【お金との考察】

お金

私は有益なことが苦手である

突然ですが、私は有益とされていることをするのが苦手であります。
ここでの「有益なこと」は「お金に繋がること」と定義しておきます。
たとえば、仕事に使える資格の勉強をするなどです。

では、なぜ、有益なことをするのが苦手なのか。
その理由の一つは、有益なことと好きなことが一致していないというのがあります。
そしてまた、有益な情報とは、日々更新されていくものであると思いますので、学ぶのが大変であると思うというのもあります。

たとえば医学などは、日進月歩で情報が更新されていると思いますので、昔に比べると学生の学ばなければならない量というのは圧倒的に増えているだろうと思います。
薬学部も、昔は4年制だったのが6年制に変わりましたが、それは学ぶ量が1.5倍増えたからという話を聞いたことがあります。

このように、他人にとって有益なことを勉強するということは、日々更新されていく情報を学ばなければならないため大変であり、精神的な負担に感じるため、学ぶのが苦手であります。
それだけでなく、何か有益なことをするということは、絶えず他人の期待に応え続けるというイメージをももっていましたので、それも精神的な負担に感じていました。
そして逆に無益なことに関しましては、最初から無益であると思っているがゆえに、それをどう役立てていくかなどは特に考えずにすることができたので、気楽にやることができました。

勿論その分野が大好きで、一生その分野を勉強していきたいという人にとってはベストなことでしょう。
なぜならば、好きなことが出来て、それがお金に繋がるわけですから。

私も「好き」といえる領域まではまだ行っていませんが、ブログを書くための勉強ならば何とかできるかもしれないと考え、ブログを始めさせて頂きました。

私のしている無益なこと

そしてここからは、私の好きな無益なことを挙げていきたいと思います。
無益と言うと怒られるかもしれませんが…。

学問でいうならば、私は哲学が好きでした。
これはもしかすると反対意見もあるかもしれませんが、哲学とは基本的に役に立たないものであると思います。
勿論学ぶことによって、自分の視野や考え方が変わり、自分の人生に変化をもたらしたという意味合いにおいては、役に立つことかもしれません。
けれども哲学の考察をして新説が出たとしても、それを何らかの技術に利用して、われわれの生活を豊かにする商品を作ることができるかというと、できないだろうと思います。
基本的に哲学をどう役に立てるかは、学んだ人次第であると思います。

そしてもう一つの私のしている無益なことは絵であります。
絵は好きなので、あまり無益とは言いたくはないのですが…。
そして商業でやっている人は絵をお金に変えることができているので、有益であると思います。

しかし私が描いている絵に関しましては、もっと多く見てもらえる絵を描けばお金に繋げることもできたかもしれませんが(私の場合はもっと画力を上げないと難しいか?)遅筆なこともありまして、自分の描きたいものを優先して描いているため、お金に繋げることはできていません。
したがって、私が絵を描くということは、私はやっていて楽しいので、私の精神にとっては有益なことではありますが、お金という観点で見ると無益なこととなってしまいます。

無益でも楽しければOK

では、なぜ私は無益なことをするのか。
それはやはり楽しいからです。
やはり、無益なことであっても好きなことをするというのは心の余裕に繋がると思います。

とはいえ、やはり無益なことをするにしても、それをお金に変えることができるのならば、さらなる心の余裕に繋がるだろうと思います。

【既出ですが】無益なことをお金に変えるには

そこで、無益なことをお金に変える方法を紹介したいと思います。
とはいえ、これはもう既に出ていることなので、私が紹介したところで真新しさは特にありませんが。

まず、絵に関しましては、商業で出来るくらいの画力をつけることや、求められている絵柄を身につけたり、実際に商業に挑戦してみることとなります。

そして哲学に関しましては、哲学をお金に変える方法は、大学の教授になるか本が売れるかぐらいしか無かったように思いますが、今はブログやYouTubeなどもあります。
私は見たことが無いのですが、探せば哲学の解説をしたブログやYouTubeが巷にはあると思います。

つまり大まかに言うと、その業界でのプロになるか、もしくはブログやYouTubeを使って収益化を図るということになります。

最後に

現在YouTuberなどは、言ってみれば「遊び」でお金を稼ぐ職業であり、昔から考えると想像できないお金の稼ぎ方であると思います。
YouTuberやプロゲーマーのように、昔は想像できなかった稼ぎ方が今後も出てくるかもしれません。

私はそういう新しいことを考えるのは苦手ですが、既存の方法であったとしても、無益なことをマネタイズすることによって、有益なことに変換し、より精神的な余裕が得られるようになれば私にとっても、そしてこのブログを見ている方にとっても、いいことだと思います。

外部リンク

なお、今回は下に紹介するリンクの記事を読んでみて、無益なこととお金の関連性について考えて書いてみました。
下のリンクの記事を読むと新しい発見があるかもしれません。

「大切なことは言葉にできない」役に立たないけど意味があるものこそ未来の価値 - プロ無職
映画「海獣の子供」を観に行ってきました。 海獣の子供、駆け込みで観てきましたが素晴らしかったです。 「大切なことは言葉にできない」 今年に入ってからずっと抽象世界のことを考えてたので「このタイミングできたか!」と。やっぱ...
【悲報】遊びながら生きていかないと、将来が暗い話【僕の人生戦略】
遊びながら生きることについて、考えています。2012年に「ワークシフト」という本が出版され、5年後を言い当てた。2018年発売の「ホモデウス」という本では「役立たず階級」という言葉があり、要するに、無用人間が大量発生する話。これが2023年くらいだと予想。消耗する仕事を続けると、未来が微妙。
お金
妖月をフォローする
この記事を書いた人
妖月

妖月と申します。こちらのブログでは、主に実体験を元にした、メンタル系の情報発信していきたいと考えております。
趣味で絵を描いています。主にオリジナルメインで描いています。

妖月をフォローする
妖月のYouBlog
タイトルとURLをコピーしました